生スピルリナの有益な効果

生スピルリナには、
抗酸化作用やデトックス作用などによるアンチエイジング効果やダイエット効果に注目が集まっていますが、
人間の生命維持に不可欠な必須アミノ酸や消化吸収し難い栄養素を豊富に含有しています。

生スピルリナに含まれるアルギニンやアスパラギン酸は、
疲労物質の1つとされるアンモニアを無毒な尿素に分解するオルニチン回路を促進する効果があり、
アルギニンはオルニチンの前駆体としてオルニチンの生成量を増加させ、
アスパラギン酸はアルギニンに生合成されるシルトリンの生成量を増加させます。

結果、疲労が解消されるだけで無く疲れ難い体質に改善され、
朝も気持ち良く起床出来る効果が期待出来ます。

又、アルギニンは成長ホルモンの分泌促進効果により、
運動による筋肉の損傷などを修復する効果があります。

生スピルリナに含まれる必須アミノ酸ロイシンとイソロイシン及びバリンは、
筋肉に含有するタンパク質アクチンとミオシンを構成する分岐鎖アミノ酸BCAAとも呼ばれ、
人間の筋肉を稼働させ続けるとエネルギーとして消費され減少してしまいます。

その為、生スピルリナを摂取する事で分岐鎖アミノ酸とされるロイシンとイソロイシン及びバリンが吸収され、
筋肉の疲労回復を促進する効果があります。

生スピルリナには、服用後の2時間から3時間で約90%の栄養素を消化吸収する事が可能なので、
数多くの有益な効果を効率良く得る事が出来るスーパーフードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です