栄養が豊富なスピルリナの魅力

スピルリナとは、
らせん状の形状をした藍藻類のことで熱帯地方の湖などに生息している動植物です。

動植物であると言われる理由は、
動物と植物の両方の働きを併せ持っているため、
栄養源としてはタンパク質、
緑黄色野菜に含まれているビタミン・ミネラル類の各種栄養素が豊富に含まれています。

スピルリナは、人類が誕生する30億年も前の昔から存在する原始的な生き物であるため、
生物学者の中には将来の食糧難が起きた場合でも貴重な栄養源として活用できるとして、
期待されているほどです。

現在では多くのサプリメントメーカーでも、
このスピルリナの栄養成分に着目し、それを活用したサプリメントを販売しています。

スピルリナの注目される有用性については、
人体のリンパ球の活性化を促すため病気などからの免疫力を高める働きがあるとされます。

栄養成分の核酸が細胞レベルの新陳代謝を促すため、
若返りにも貢献し、他にフィコシアニンという成分が炎症を抑制する効果があります。

クロロフィルといった葉緑素が豊富で貧血対策、ダイエット効果、アレルギー対策にも有効となるとして期待されています。

ただスピルリナは含まれる栄養成分から有用性があるとされますが、
過剰摂取は体内に摂取した場合に悪影響や副作用を与えるケースも存在するため注意が必要です。

また一方では、「人での有効性については十分なデータが存在するとは言えない」という論文も存在し、
サプリメントで服用する上でも、
過度な効能効果を期待しない様に注意をしながら活用することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です